オリジナルギャフ その後

昨夜、よっちゃんからLINEがきまして、アオリイカが釣れたとの報告を受けました
 

 
気になるのはランディング方法でして、以前紹介したあの汚い…いや、失礼。見るのも苦しいお下品な自作ギャフで獲ったかということ
どうやら自分では扱いきれず、近くにいたエギングのお兄さんにギャフを掛けてもらったらしいですwww
 
さらに深く話を聞いてみると、エギングのお兄さんのギャフじゃなくて、エギングのお兄さんに自分の自作ギャフを使わせて獲ってもらったらしい
 
なんと気の毒な…
 
エギングされていた方へ 
不祥事がありましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます
 
でもね、金かけてカッコばかりいい物を揃えるよりも自作したり、 自分なりにアレンジして使うのは好感がもてますね
 
スポンサーサイト

エギ VS ヤエン

昼過ぎからイカ釣りに行ってみました。

エギングも終盤。

保険として冷凍アジを持参しました。

とりあえず、シーバス用のモアザンにエメラルダス2506+PE0.6号+フロロ2号、このタックルに冷凍アジをつけてぶち込む。

ドラグは「あと一回回したらスプール外れますよ」の位置で固定。

その間にエギで調査開始。

が何も反応なし!

しばらくして、置き竿のドラグが鳴り出した!

要領がわからず、止まったところでヤエンを投入してみる。

ズンッときたような感じがしたので合わせてみると・・・・乗った。











2.1キロきました~。




しかし、無事獲れたのは運がよかっただけということに後々気づくことになる。




しばらくして2回目のアタリ。

(この間エギには反応皆無)

ドラグが唸り、止まらない。 でかい・・・・

ラインの下糸が見えてきたので、焦ってヤエンを豆乳。

が・・・・穂先しか見ていなかったたためイカの位置が全くわからない。ヤエンは宙を舞ったまま。外れた?

いや、いる。

向かって左側に投げていたはずが、突っ走って真逆の右側にいた。

結果 バラシ。無念。




しばらくして、3回目のアタリ(この間エギには反応皆無)

今度は沖に向かって突っ走る。

止まったところでヤエン投入。

イカまで達したようであったが、バラシ。

後から来られたヤエン氏に伺ったところ、手前まで寄せてこいとのこと。

次こそは獲りたい。

しかしアジを3匹しか持ってきていなかったたため終了となりました。

アオリイカってまだたくさんいるんだと思った。

今日の教訓を生かして次回もヤエンに挑戦してみよう!

これは面白い釣りだ。

カレンダー(月別)

05 ≪2017/06≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム