人が多い

連日の雨(ミゾレ)+雷で釣りに行けませんでしたが、ようやく天気が回復しましたので、ちょこっと出てきました。

ヤリイカを釣りに行こうと思い、港へ向かいましたが満員御礼。
本格的に始まったようですね~。
これからは釣り以前に場所取りが大変そうです

移動も考えましたが、今夜はエギングはやめてカサゴを狙うことにしましょう。
やろうやろうと思っていましたが、なかなかやる機会がなかったのでちょうどよかったです。

癒しの港にてタックルを準備し、スタート。

1投目から「コツ コツ」と反応あり。

カサゴ

レギュラーサイズでした(リリース)

よかったのは最初だけで、その後はポツポツと釣れる程度。
しかもサイズがやけに小さい。
去年は20cm後半(尺が1匹)がけっこう釣れたのですが・・・

結局大型は1匹も釣れずに終了。

後日また調査したいと思います。


ルアー カサゴ職人






スポンサーサイト

ヤリイカ

昨夜小一時間程度テナシ釣りに行ってきました。

先日外灯下でメス(?)を数杯釣って、おおまかな釣り方がわかったので(+雑誌の黒い彗星さんらの記事を拝見)、今回は大型のオス狙いです。

最初の1杯目は、ボトム付近を探っていたら乗っていました。
(カーブフォールさせていましたが、わかりませんでした・・・)

いけそうな感じがしましたが、この後沈黙。

しばらくしてようやく2杯目がヒット。
今回はちゃんとアタリがとれました。
(しゃくった後、若干フリーにしてフォール中にラインが走りました)

2杯とも胴長30cmくらい(オス?)です。
次回は「5杯+パラソルサイズを釣る」を目標にがんばってみましょう。

ヤリイカ




エギ王Q、Q浅  2.5号、3.0号


尺!?

ヤリイカを釣りに行ってきました(メバルも)。

最近好調らしいポイントにて開始。
餌釣りの方は良型をたくさん釣っておられます。
了解を得て横で投げさせてもらいますが、釣れない・・・

移動。

先行者に話を聞くとちょうど最初の1杯が釣れたらしい。

自分もエギを投げますが、釣れない・・・

ヤメ。

このまま帰るのも寂しいので、ちょこっとメバルをやってみることに。

ジグヘッド1.5gで表層~中層を探るも反応なし。

2.5gにチェンジして底付近を探ってみるも反応なし+根掛かりでジグをロスト。

ワームのカラーチェンジをして、再キャスト。

フリーで中層くらいまで落として、そこからカーブフォールさせていると、下層で「ゴッ ゴッ」と激しいアタリが!

すかさずあわせてヒット!

ロッドが弧を描き、大型の予感。

一瞬カサゴかと思いましたが、ヒキがメバルです。

幸いリールを巻く手を休めなかったので、常に頭(メバルの)がこちらを向いていたのか、終始主導権をとられる事なく海面まで浮上。

タモは足元にありましたがぶっこ抜きます。

ドサっと重量感のある音と共に着地した魚体にライトを当ててみると・・・

でかい!

これは尺だろー!と期待します。

CA3200096.jpg


しかしメジャーをあててみると・・・わずかに足りん・・・

残念。

しかし、今季1番のでかさ(というか歴代2位)なのと、ココ最近大型メバルが釣れませんでしたので、沈黙をぶち破ることができ、安堵です。



その後連発を期待するも単発に終わりました。


エアライツ AL-742
レブロス2000W
PE 0.6号+フロロ1.7号
ジグヘッド2.5g


DSCF0227.jpg



次回は勉強してテナシリベンジに行こう。

続きを読む

フラットフィッシュ!?

土曜日 午前3時に就寝。

朝マヅメのフラット or シーバスを狙いに行こうと5時50分に目覚ましをセット。
しかし目が覚めたのが7時前。あれ?

急いでサーフへ!

とりあえずシーバスを狙ってみますが、反応がないので少し移動し、ヒラメを狙ってみます。

ダメ。

日も昇ってしまったのでどうしようかと悩んだ末、久々にあのポイントへ行ってみることに。


ポイント到着。
今日は土曜日なのに釣り人はデイメバリスト1名。

風は微風の追風、海は程よく濁り、程よく荒れていてかなりいい感じ。
潮は左から右へゆっくりと流れています。

場所は空いていたので「くじらジグ(自作約30g)」をセットし早速実績コースへフルキャスト。

着底後、激しくしゃくり再び着底。
2~3回リフト&フォールさせ着底。
再び激しくしゃくりだしたら ドンッ!

きた! かなりいいひき!

やはり最初はヒラメだと期待してしてしまいます。
が 毎回エソかホウボウなので 6:4(ヒラメ:ホウボウ)くらいの割合で期待し、エソだけは勘弁してくれと願いながらファイト。
ジグの喰い方はヒラメと同じだったが さぁどうか?
そして無事ネットイン。

正体は・・・・



ホウボウ 1


海の宝石魚ホウボウでした。
35cm。かなりグッドサイズ。
以前に同じようなサイズを抜き上げ後落としてしまったのでリベンジ成功。

これを期に自分の活性が一気に上昇。

「でかいホウボウが釣れる日はヒラメが釣れる」などという訳のわからん逆ジンクスみたいなものが自分の中にあるんです。
(まぁ まともにヒラメ釣ったことないんですが・・・)

が・・・・・・その後、ヒットコース付近から扇状に探るも音沙汰なし。

ここでカラーチェンジ。

再びヒットコースへキャスト。

そして以前あみだした秘技「シェイキングシャクリ」で探ってみます。
練習した結果、カトちゃんの「ちょっとだけよ~」のテーマ(?)に合わせてしゃくるといいレンジをキープできます。

すると突然根掛かったような感触。
しかしここは根掛からないことを知っています。

すかさずアワセをいれ、ヒット。

でかっ!

シーバスロッドは弧を描き、ドラグがチリチリッとでます。

これはヒラメだろ!?

興奮しながら寄せてきますが浮いてこね~~。

もしやシーバス?

最近メバルばかり狙っていたので、腕力が落ちているのか(元々ありませんが)既に腕が限界間近。
早く浮かせんと最悪手前のテトラで引っ掛かったり、根ズレによるラインブレイクの恐れがあり、これだけは避けたい。

しかし、結局浮かせることができず魚はテトラ際へ・・・

やってしまった・・・動かん・・・

腕は限界まできていましたが、ラインブレイク覚悟で強引に引っ張り上げます。

動いた~。

で最後の力を振り絞りゴリ巻きをして、やっと浮上。

魚体を確認し、無事ネットイン。

正体は・・・・・








ホウボウ 2


また ホウボウ・・・




しかしこれ、体長45cmの丸々太ったランカー(?)ホウボウでした。
寒ヒラメならぬ寒ホウボウです。

ラインは案の定ズタズタ。
危ないところでした。


その後力尽きた私は小雨が降ってきたのと同時に撤収。

ヒラメは釣れなかったものの、大満足の釣果となりました。


なんかここへ来るといつもホウボウが釣れるような気がします。
ドラグこそあまりでませんが、そこそこ引きの強い魚で楽しめます。
冬が旬のこの魚、この時期ショアからでもターゲットとして狙えそうですので、釣れないヒラメはしばらく休憩して、この魚を狙ってみようか。

ホウボウ




ヒットルアー くじらジグ約30g(自作)

プラッキング

ハードルアーでメバルを釣るというと、自分は少し抵抗があります。
何故なら 過去数匹しか釣ったことがないから。CA320119.jpg

というかあまり使ったことがありません。

私はジグヘッド+ソフトルアーが釣果の8~9割(1~2割はミノー、カブラ、メタジ、アイスジグ)を占めており、このリグで大型も十分釣れる(自分がたくさん釣っているということではありません。釣り仲間、メディアの情報、過去の自分の釣果などから)ので、あまりハードルアーの重要性というのがわかりません。

別にジグヘッドリグに固執している訳ではなく、自分の中でハードルアーでの釣果というのが未知の領域に近いということです(メタジは別)。

一応ミノーは1つだけ持っていて、いつも釣り場に持参してはいますが、ただでさえ下手で釣れないのに、プラグを使う余裕などありません。

ただマッチ ザ ベイト というのは重要で、ルアーのカラー、サイズ、種類を変更することで、魚が喰ってくるということがあります。

ということはベイトが小魚であった場合、ミノー、ペンシル、バイブ、メタルジグなどはとても有効だろうし、それらが魚にとって「甲殻類やアミ類」に見えた場合、時期によってはマッチ ザ ベイト になり得る訳です。(魚のサイズにあったベイトを捕食する場合もあるでしょう。ということは大型が釣れる可能性も十分あります。シーバス用のミノーに尺メバルが喰ってきたという話を聞きましたし。実際に使われている方の方が詳しいと思います。)

また、ハードルアーにはそれぞれの特性があると思いますので、それを活かし「状況による使い分け」をすることで、十分戦力になると思います。

まぁこの辺は周知のことなのかもしれませんし、実際ハードルアーでも釣れるのは知っていますが、どうも自分が特性を理解していないのと、魚を釣っていないので、好んで使う気になれませんでした。

好きなルアーで釣ればいいと言われればそれまでですが、プラッキングに興味はあるんです。

前フリが長くなりましたが、釣りの幅を広げてみようと、先日シンキングペンシルを購入してみました(松江の釣具店はプラグの種類が少ないのが難)。

ミノーやペンシルは次回以降試してみます。

メインはジグヘッド+ワームになると思いますが、ハードルアーでいい結果に結びつけばまた引き出しが一つ増えるでしょう。

寒波の影響

寒波の影響で海は大荒れ。

先日通りかかった時に撮影しましたが、辺り一帯がサラシで真っ白でした。
日本海1

日本海2

底荒れがひどそうで、根魚は一掃されてたりして?


本日、風は治まったようなので、短時間ですが出撃してきました。
が 海は大荒れ+濁りで釣りが出来そうなポイントは港内のみでした。


1箇所目。

堤防に波が被る状態で、撤収。

2箇所目。
港内湾奥の外灯下で開始。

最近某大型量販店のワゴンセールにて入手したママワーム(マリア)のフィッシュとシュリンプを試してみます。
今季はビームスティックとカッティングベイトオンリーだったので、違うワームを使うとなんか釣れるんじゃないかと期待してしまいます。

フィッシュ - テールが引っ付いてイライラしてきてヤメ(先シーズンは普通に使用。釣れました)

シュリンプ - 5~7cmくらいのメバルがヒット。ありえん・・・
          でもこのワームは釣れそう。


移動。
ここも港内。

アタリがないので、ワームをチェンジ。
これが正解だったのかまぁまぁサイズのメバルを2匹ゲット。

メバル

腹がパンパンのメバルはリリースし、1匹持ち帰りました。


釣り場が限定される中、2匹キャッチできたのは幸運でした。
海が落ち着くまでは出れそうにないですね。


エアライツ AL-742
レブロス2000W
PE 0.6号 + フロロ 1.7号
ジグヘッド 1.5g + パワーシラス 2in

釣り初め

今日が今年の初釣行。
6日から天候が悪化するらしいので行ってきました。

まずは河口でモクズガ二を数匹捕獲。

カニ



次はエギングをしに近場の防波堤へ。
エギを2個ロストして、アオリイカ1杯。
高いイカになりました。(結局1杯のみ)

そして夜中にメバルを釣りに出動。
強風の中3箇所回ってアタリなし。

最後に自分のお気に入りの癒しポイントで振って帰宅することに。
ここは港内なので風もなくまったりとできそう。

で メバルゲット(22.5cm ここではいいサイズです)。

DSCF0216.jpg


これで一安心。
無事魚をゲットできました。


しかしこの後、ビニール袋のようなものを引っ掛けてしまい、そいつを素手で触ってしまう。
なんとそれは腐った魚肉で、手が吐きそうなほど臭い。
テンションが一気に下がり、急いで帰宅。
洗っても臭いがとれません
最悪です。

皆様あけましておめでとうございます。

旧年中皆様にはひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました。

私も皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。

本年度もよろしくお願い致します。

今年も楽しく、安全に釣行できたらと思っております。

また、「くじら日誌」も(自己満足的なブログではありますが)、随時更新していく予定です。

新年1発目はメバルかカサゴを狙いに行こうと思っているのですが、いつ出撃するかは未定です。
朝から食ったり飲んだりで大忙しなので・・・
まぁ近い内に運動がてら出撃すると思いますので、また報告させて頂きます。







カレンダー(月別)

12 ≪2007/01≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム