ようやくでました!

連夜の出撃。

9時前に仕事が終わり、速攻で昨日のぬる~いポイントへ車を走らせます。

本日は雨のため、釣り場には人間の姿が皆無。

こんな雨の中釣りをする変態は私くらいか・・・

海面を見ると、わずかながら潮が動いています。

昨日のパターンだと、地合の最中か、あと少しで地合到来。

キャストを開始し、エギをローテーションしながら探ること15分くらい。

潮が川のように動きだしました。

きた~。

3.5号から4号に替え、潮に乗せる(イメージ)でフォールさせていると、ヌーっとした重みが伝わり、おもいっきり合わせると・・・ズンッ。

ジー・・・・

昨日と同じくらいか、それ以上の引き!

ギガンテッィクタノシス。

TS3E0095.jpg


オス 胴長36cm 2kg。

胴長はそんなにないですが、とにかく太い。

去年のも、昨日のも、このポイントのアオリは太いのばかりです。

10分くらいですぐに潮が止まり、納竿にしました。

地合がとても短いですが、潮が動くと口を使ってくれますね。

いつもは釣れちゃったばかりですが、今日は思い通りの釣りができたような気がして満足しています。

このアオリイカは友人宅へ嫁がれていきました(おいしいかどうかは保障できません)


LC86S
エメラルダス2506
PE0.6号+フロロ2.5号
エギエスツー4.0号 アジ







スポンサーサイト

サイズアップ

水曜日休み。

朝マヅメから先日の夕マヅメに釣ったポイントへ向かいます。

朝マヅメももらったと思い込んでいましたが、見事にハズシてしまいました。

同日夕方から夜にかけて近場で回遊待ちをしましたが、な~んも釣れなくてこの日はボウズで終了。

あ ハヤブサの車が止まっていました。


本日。仕事が終わり、夕マヅメを狙って速攻で出撃。

先日の夕マヅメのポイント。

先行者多数で無理。

近くの港へ行くと、先の地磯に数名いますが、港はいないのでここでやってみることに。

アマモが毛陰濃過ぎでボトムがとれない・・・

着底させると100%アマモがカンナに刺さって帰ってきます。

地磯ではでかいイカがかかったようでした。

日も暮れ、釣れないので移動。

去年1.7キロを釣ったポイント。

ここは浅いし、ぬる過ぎてほとんど人が投げない場所。

最初は自分もこんな所で釣れるの?って感じでした。

ここは藻がきついので、かなり釣りがしにくいんです。

フルキャストして、2~3回しゃくったら(カーブフォールさせたら、下手すれば1回)、かけあがって中層から表層にかけて生い茂った藻の森に突入し、そこからは足元まで森が続くような状態です。

この日は夜光虫の量が半端なくて、海面がブラックライトで照らされているみたいでした。

とりあえずシャロータイプのエギをつけ、キャスト。

1投目で釣れました(^-^)

着底させて2回しゃくった(ちょうど駆け上がりの手前くらいと推測)時にヒット。

TS3E0094.jpg

1.1キロでした。

雄のような雌のような中性的な方でした。

太っていたみたいで、思ったより重量がありました。

続けてキャストしたら、失敗しキャスト切れ・・・

地合を逃すまいと焦りながらリーダーを結び、再びキャスト。

最初と同じ2回シャクったフォール中にヒット。

今春初のドラグが出て、良型の予感。

DSCF0294.jpg


1.6キロでした(今春最大サイズ)

そこまで大きくないけど、ギガントウレシス。

メスだったので、これに着いていたオスはもっとでかい。

が、地合が終了したか、散らしたか、はわかりませんが、反応がなくなり納竿としました。

エギングって ほんと 楽しいですね~。

それではまたお会いしましょう。


LC86S
エメラルダス2506
PE0.6号+フロロ2.5号
エギエスツー3.5S エギ王Q3.5号






夕マヅメ

PM7時、仕事が終わり、速攻で出撃。

夕マヅメの一発を逃すわけにはいきません。

無風、ベタ凪。

どうなんだろう?という不安の中、3投目であっさり釣れました。

TS3E0091.jpg

1.2kg(今春最大サイズ)

日没とともに潮止まりで終了です。


LC86S
エメラルダス2506
PE0.6号+フロロ2.5号
エギエスツー3.5N


ナイトエギング

夜ちょこっと出てみました。

30分くらいして時合到来。

DSCF0292.jpg


ようやく男爵の登場です。

ま 小さいですけど(1キロくらい)。

このポイント、何人かいましたが、パタパタと一気に釣れて、すぐに終わりました。

かなりはっきりした時合でした。

今春はまだドラグが1ミリもでていません。

てか、先日ラインローラーのベアリングを交換したばかりなのに、もうシャリシャリいっています。

重症かもしれません。

呪縛

本日地磯にて。

TS3E0090.jpg


まじでメスしか釣れません。

何が悪いのかわかりません・・・



青物が回ってくるとイカは逃げる?

夜 着信アリ。

dat_1210674879_000872.jpg



今夜は無理だ。







本日、休み。

AM4時30分起床。

朝マヅメより先日好調だったポイントへ。

今朝はイカせてやるぜ~。

最初はやさしく愛撫するのが鉄則だが、私は違う。

濡れているいないは関係ない(エギが)。

最初からGスポットへまっしぐら。 で 直撃。

そして激しくジャーク。

そして止めてやると、速攻で 「ピクッ」 と反応あり。

逝ってしまったようだ。

TS3E0088.jpg


1投目です。勿論

朝マヅメはこれで終わりで、沈黙。

8時頃ナブラが発生。

正体はワカナの模様。

ジグをキャストしていると、足元にアオリが浮いてきた。

速攻でエギに付け替え豆乳。

ヤル気満々のようで、なにもせずともオートマッティックでゲット。


はいはい どうせメスしか釣れませんよ・・・


久々登場のくじらジグに付け替え、ジャークさせていると、ヒット。

と、足元にまたアオリが浮いてきている。

魚はあんまり引かないので、余裕をかましていると足元で潜られ(引っ掛かり?)ラインブレイク。

ジグがなくなり、ミノー、バイブを試すもダメ。

そんなことを繰り返している内、またアオリが浮いてきた。

今回は目測でキロオーバー。

今日は浮いてきたイカはヤル気のある個体ばかりのようで、すぐさまエギを抱いてきた。

が、フッキングに失敗。 エギが飛んできた。

イカは粘液をばら撒いて去ってイカれました。

あれはオスだったかも?

釣果2杯。



でかいのが釣れる気がしなくなってきました・・・

TS3E0089.jpg











イカはイカ

いつになったらこの爆風がおさまるのでしょう?

毎年この時期には強風が吹き荒れる気がします。

本日、仕事帰りに夕マヅメから出撃。

日も長くなりましたね~。

潮汐表では丁度下げに入るナイスタイミング。

しかし、この強風。

本日は港内のぬる~いモンゴ場でモンゴイカ狙いです。

始めはハゲ〆にシャクってみますが反応がないため、セオリー通り(?)、スローな誘いに変更。

ボトム1m以内(くらいの気持ちで)をゆっくりゆくっくり探っていると・・・乗った。

が・・・モンゴではなくアオリでした(^-^ )
TS3E0086.jpg


1キロくらいです。


続けてあの技を試してみると・・・足元で乗った。

やっぱ あの技は効きます!

触腕2本でしたが、面倒くさいので抜きあげました。

1キロあるなしサイズ。

結局モンゴイカからのコンタクトはなく、終了。

TS3E0087.jpg


ま、イカ釣れたからよしとしましょう。


LC-86S
ステラC3000
PE1.0号+フロロ2.5号
エギエスツー3.5号





1日中エギング

本日は休み。

最近は日中強風の日が続き、本日もそうなりそうなので、風の落ち着いている朝マヅメより出撃してきました。

今日はマヅメと潮まわりがいい感じで重なる日。

昨日は寝ていないが、テンションアゲアゲです フォー

ポイント到着。一番乗り。

潮もかなり流れていて、素人ながら「釣れそう」と思いました。

で、 さくっと1杯ゲット。
DSCF0286.jpg


で、程なくしてもう1杯ゲット。
DSCF0287.jpg


が、風が強くなってきて釣りがしにくくなってきました。

もう1杯ゲットして、撤収。

風裏を求めて移動です。

何港か回りますが、風が巻いているのか、どこへいっても横風を喰らい、結局心が折れて帰宅しました。

最後の港で、いきなり目の前でナブラが発生し、バシャバシャと海面がお祭り騒ぎでした。

生憎ミノーを持ち合わせておらず、残念でした。

シーバス?青物? ナブラは興奮しますね。

DSCF0289.jpg

MAX1.1kg  


続きです。

昼も大分過ぎ、満潮前に再度同じポイントへ。

先行者2名。

一名帰られたので、立ち代りでポイント入り。

朝一よかったポイントは先行者がおられて立てないので、様子見でここでしゃくることにします。

しばらくして、後から来た人が私と先行者の間から強引にキャストしてきます。

私、こういうパターンは大嫌いなので、早々に嫌気がさし、撤収しようとした時、

先行者の方の竿が大きく曲がっている!

2キロ出ました~・・・

しばらくして、割り込みの方が帰ったので、再度しゃくるが反応なし。

たたかれてスレた時にはコレが効く?

あの技(デッドスローでタダ巻き)後、ロングステイ。

ドン!

TS3E0085.jpg
画像では新子に見えますが、900g。

その後2人ともアタリがなくなり、ここは見切り移動。


夕マヅメ。


毎年産卵場となるポイントをチェック。

アジが激しくボイルを始め、期待しますが、潮が全然動かない・・・

友人と合流し、先端へ移動。

日が暮れた頃からようやく潮が動き出し、お熱い時間が来そうな気配。

程なくしてヒット。

DSCF0290.jpg
ジャスト1kg  こんなんばっかりです・・・

友人にもヒットし、お互い1杯ゲットしたところで撤収となりました。

でかいのはでませんでしたが、5杯釣れたので良しとしましょう。

あ~ 疲れた。


LC-86S
エメラルダス2506
PE0.6号+フロロ2.5号
エギエスツー3.5N 3.5D  エギ王Q3.5号



初春アオリ

ご無沙汰してました。

ゴールデンウイークに突入し、例年通り港は釣り人だらけ。

当然投げる場所もありません。

昨夜はオールで遊び、釣り人の少ない早朝5時より友人と地磯でエギングを開始。

が、潮が動かずか、下手なのか、はわかりませんが2時間反応ナシ・・・

ショアジギで燃え尽きた伝説の地磯へ向かおうかという話になり、とりあえず車まで撤収。

が、ここで沖磯へ渡ろうかという話になり、急遽我が家のクルーザー(笑)で出船決定!

自家用なので当然タダです!

第一ポイント、一級磯に立とうか考えたが、深すぎてヤメ。

第二ポイントのシャロー絡みの磯に決定。

ディープタイプのエギで様子を見て、ノーマルタイプに変えた1投目、ラインに変化があり、合わせるとヒット!

重いだけで全く引かず、コウイカ?藻?と思いながら浮かせるとアオリイカでした。

ジャスト1キロのメス。

今春初アオリに満足です。

友人も同じ場所で650gと小振りながらアオリをゲットし、昼に撤収。

貧果でしたが、眠気も吹っ飛び楽しい釣行となりました。

欲を言えば、もう少し早めにポイントに立てたらよかったのと、数が伸びればなぁという感じでした。


メバルもいけそうだし、青物、大型根魚も楽しそうだし、沖磯っていいですね~。

また行ってきます!

TS3E0082.jpg




LC-86S
エメラルダス2506
PE0.6+フロロ2.5
エギエスツー3.5




あ ハマチ(ワカナクラス?)が回っているようなので、ショアジギもしてみましたが、ダメでした。
てか体力がなくて腕が棒になりそうでした。

カレンダー(月別)

04 ≪2008/05≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム