獲れないorz

ご無沙汰です!

激暑の夏からショアに通っているんですけどね。

自慢じゃないですけど、青物1本も獲ってないんですよ!

すごいでしょ?

いや、掛けてはいるんですよ。

前回だって前々回だってそこそこの型(?)をかけているんですけどね。

何故かバレるんですわ、表層で・・・・

さて、今朝なんですが、一番乗りで一級磯へ立ちました。

着いて15分くらいして、常連のカゴ師の方が到着。

私が先行ですが、ここは仲良くしといた方が後々助かる場面もあるかなと思い、前回と同様、立ちたいと言われる場所を譲る。

さぁ実釣開始!

15分後・・・カゴ師に囲まれました。

3番手の餌師に「ルアーは2~3投で見切られるけんだめだが~」

「沖磯渡れば全方向投げられるで~」

と圧力をかけられる。

確かにそうかもしれません。

が、この釣りにおいて避けては通れない道が「回遊待ち」な訳です。

2~3投で見切る魚もいるでしょうが、回遊してきてジグを追う魚がいるのも事実。
(回遊してきた魚を食わせるテクニック云々は置いといて。ないのは承知)

そのチャンスタイムが何回あるかはその日の状況次第ですが、しゃくっていればチャンスはある!と思っています。

ていうかそう自分に言い聞かせないとこんなことやっておられません。



そんなことを考えながら、正確なキャストでカゴとカゴの間を直撃し、しゃくること数投目。

ゴンっと強烈なアタリとともにフッキング、そのままゴリ巻きで捕獲!





という目論見は見事にはずれ、30分しゃくって撤収したへたれな私でした。

投げるとこ ねぇ。

そのまま別の磯へ。

ここも実績ある場所みたいなんですけどね。

昼までジグしゃくって、アオリの新子3杯釣って帰りました。

ていうか、今日は潮が腐っていて駄目でした。

一人だといろんな意味で不利だわ。

これからハイシーズンに向けて、場所取り云々で釣り自体が困難になりそうです。

沖磯が一番いいのかも。

餌師の方は実は親切に助言して下さったのかもしれませんね。
スポンサーサイト

カレンダー(月別)

09 ≪2010/10≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム