エギ VS ヤエン

昼過ぎからイカ釣りに行ってみました。

エギングも終盤。

保険として冷凍アジを持参しました。

とりあえず、シーバス用のモアザンにエメラルダス2506+PE0.6号+フロロ2号、このタックルに冷凍アジをつけてぶち込む。

ドラグは「あと一回回したらスプール外れますよ」の位置で固定。

その間にエギで調査開始。

が何も反応なし!

しばらくして、置き竿のドラグが鳴り出した!

要領がわからず、止まったところでヤエンを投入してみる。

ズンッときたような感じがしたので合わせてみると・・・・乗った。











2.1キロきました~。




しかし、無事獲れたのは運がよかっただけということに後々気づくことになる。




しばらくして2回目のアタリ。

(この間エギには反応皆無)

ドラグが唸り、止まらない。 でかい・・・・

ラインの下糸が見えてきたので、焦ってヤエンを豆乳。

が・・・・穂先しか見ていなかったたためイカの位置が全くわからない。ヤエンは宙を舞ったまま。外れた?

いや、いる。

向かって左側に投げていたはずが、突っ走って真逆の右側にいた。

結果 バラシ。無念。




しばらくして、3回目のアタリ(この間エギには反応皆無)

今度は沖に向かって突っ走る。

止まったところでヤエン投入。

イカまで達したようであったが、バラシ。

後から来られたヤエン氏に伺ったところ、手前まで寄せてこいとのこと。

次こそは獲りたい。

しかしアジを3匹しか持ってきていなかったたため終了となりました。

アオリイカってまだたくさんいるんだと思った。

今日の教訓を生かして次回もヤエンに挑戦してみよう!

これは面白い釣りだ。

スポンサーサイト

小さくても!

ローラって以外にも歌がうまい!

普段のイメージと180度違うからビックリしちゃいました。

さて、先日ショアジギのお誘いを受け、行ってきました。

朝一ベイトがいれば70%くらいの確率で何かしら期待できるのですが、

この日はいるにはいるが、磯の反対側・・・

しかも糞みたいな潮・・・

6時間みっちり筋トレをして、健介になった頃、ようやくベイトが回ってきました。

そろそろ帰る時間になったわ~。 ガンっ



40cm弱の小豆ヒラマサきました(笑)

小さいけど結果が出たので満足です。

このジグ塗装が全部剥げて下地のみになっていますが、けっこう効きます。

禿げジグと命名しましょう。



続きを読む

今日もアオリ

強風の予報だったので出るつもりはなかったけど、起きたらそこまで強くなかったので、少し出てみました。

7時半過ぎに近場の風裏ポイントへいってみたところ、満員で投げるとこなし!

今日は土曜日だった。

風も強くなってきたので、少しでも避けられる場所を探し、8時にようやく開始。

ここはきつい藻場で、カウントをきっちりとらないとすぐに根掛かる面倒くさいエリア。

2投目でフケアタリ。


少しして、ラインが重くなるアタリ。



風がかなり強くなってきてやめました。

2杯ともアタリがとれたのでよし!

エギはダイワの病気カラーに反応がよかったです。

カレンダー(月別)

05 ≪2012/06≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム