久々にショアジギ

久々に釣りに行ってきました!
と言っても強いうねりが残っているため午後2時過ぎから肩慣らし程度の釣行です。
結構荒れてます。
トップ反応なし。
ジグに変えてみるが、根が荒いし起伏が激しい上にうねりと風に逆光で着底がわかりにくい。根掛かりが2回。
ただヒラマサが居着くにはいいかも。
3時頃ヒット。
前方のかなり張り出した沈み根からの落ち込みだと思うが、そこで擦れてラインブレイクしてしまいました!
浮かせられなかった…
ヒラっぽかったけど正体はわかりません。
悔しいけど久々に磯に立てて気分がよかったです。
ペンのリールもいい感じだし、また次回このポイントへ行ってみます。
久々にジギングしたので腕の筋肉痛がヤバい。


スポンサーサイト

あいたー!

今日は朝から釣りに行こうかと思っていましたが、朝起きたら寝違えて首が痛くて右に曲がらない…
疲れが溜まっていたのかな?
中止です。

夜カブトムシ発見。
一瞬ゴキブリかと思った。


メスはたまに見るけど、オスはみたことないんだよなー。

釣りに行きたいが…

今年は比較的涼しい夏で過ごしやすいですね。
今日は暑かったけど。
カンパチも釣れだしたみたいだし、 次の休みが凪だったら釣りに出かけてみようかなと思います。


PENN コンフリクト(conflict) ※注画像多

ショアジギング用のサブリールを購入しました。

PENN コンフリクト CFT6000 というリールです。

一応スペックを載せておきますと、

HT-100カーボンファイバードラグワッシャー
フルメタルボディ&サイドプレート
7シールドステンレスボールベアリング
ラインキャパシティリング
スーパーラインスプール
インスタントアンチリバース
(5000-8000サイズはバックアップラチェット付)
テクノバランスローター
高強度アルミベールワイヤー
アルミローター及びキャスティングの時のベール返りを防止するフリクショントリップランプ付き(5000-8000サイズ)
ストッパーレバーレス(3000-8000サイズ)
ラインクリップレススプール(8000)
ベアリング:7+1
Maxドラグ:25lb(11.34kg)
ギア比:5.6:1
巻き取り量:41"(104cm)
重量:21.5oz(610g)
Mono Capacity (yds./lb.):335/15, 230/20, 210/25 
Braid Capacity (yds./lb.):490/30, 390/40, 335/50

メインリールの代わり、沖磯、遠征、プラグ用などもう1台必要かなって思ってきて、
キャタリナ辺りを検討していたところ、たまたまPENNのバトルという機種を見つけまして・・・
なんかこのバトルというリールの評判が良いみたいで、耐久性が高いらしく、マグロ70kgも獲れたような記事(動画)もありました。
アメリカではいかに細い糸で魚を釣るかに重点を置いているようで、このリールは価格に反比例してドラグ性能が優れているとか。
実売価格12~3000円なので、安いしこれを買ってみようかなって思っていたら、
この機種の後継機で上位機種のコンフリクトというのが先日発売になったということを知りました。
まだ余り出回っていないのか、ネットで情報を検索しても出てこない・・・
バトルは評判良いみたいだし、それの後継機なら期待できるかな?と思い、ヤフオクで新品が18000円で出ていたので買っちゃいました!
18000円だし、まぁ失敗してもダメージは少ないでしょ。
到着しましたので、各所の画像を載せておきます。
コンフリクト1
コンフリクト2
コンフリクト3
コンフリクト4
コンフリクト5
コンフリクト6
コンフリクト7
コンフリクト9
コンフリクト10

左 ソルティガ4500H 右 コンフリクト 6000
コンフリクト11
コンフリクト CFT6000とソルティガ4500Hは同じような番手といったところでしょうか。
1つ大きいコンフリクト CFT8000がソルティガ6000クラスになるのかな?



気になった点が3点

なんかベールが下に下がり気味なような?
コンフリクト8


個体差でしょうか?ラインローラーはスプールと平行なので問題ないようですが、少し気になる。
それとベールが少し問題で、遊びが多く、手でしっかり戻してやらないと、中途半端な位置で止まってしまいます。
ベールをしっかり戻さず、中途半端なまま巻き取りを開始すると、ラインローラーに角度がついたまま巻くのでトラブルの原因になりそうです。
勢いよく戻せばすんなり戻ります。
もう1点、表現が難しいのですが、スプール軸を1番伸ばした状態(スプールが軸の1番上にくる状態)でベールを返すと、
ベールがスプールに干渉します。

この状態でロックしてしまい、力を入れてベールを戻すことになるのでキズが付かないか心配になります。
最後に糸巻量。
US規格での表記のため、日本でのラインキャパがよくわかりません。
そこでPENNの正規代理店のピュアフィッシングジャパンに問い合わせました。
返答は・・・「弊社にもまだ実物がないためよくわかりません。」とのこと・・・
じゃぁ誰がわかるの? 自分でやるしかないのか。
ということで実際に巻いてみました。
よつあみ ウルトラジグマン WX8 4号 290m(300m) を下巻きなしで巻いた状態です。

10m程カットしているので少し短いですが、まだ余裕がありますね。
PE5号300mはきついかな?

ベールが気になり、ヤフオク出品者に交換をお願いしましたが不可。
個体差が激しそうなので、私みたいにヤフオクで購入されるのはやめた方がいいと思います。
ショップだと価格は25000円くらいかな?
少し高くても対応の利くショップで購入されることをおすすめします。

さて、実際に磯へ持ち込んで使ってみました。
初めて行った磯でしたが、岩の形がよく、思わず横になってしまい、気づいた時には雨が降っていました。
1時間弱寝ていたみたいです。
空にはトンボの大群。


使用した感想ですが、MCワークス、ダイコーの竿には取り付け可能でした。
長年愛用しているダイワのシーホークSJ97Hには入りませんでした・・・
重量はソルティガとさほど変わらないですし、グリップもラウンドタイプの握りやすい形です。
ハンドルも意外と軽く、ソルティガと比べてもわずかに重いくらいで、そこまで大きな違いは感じられませんでした。許容範囲内です。
巻き心地も意外とシルキー。ゴリ感ありません。
ラインの巻きに若干ムラがあるように思いますが許容範囲内でした。
ライントラブルも皆無で非常に使いやすいリールです。
魚は掛けてないですのでその辺はわかりませんが、頑丈そうなのでしばらく使ってみたいと思います。
これでノントラブルで使えるようなら、かなりコストパフォーマンスは良さそうです。
メインとして使っても問題ないかも?









カレンダー(月別)

07 ≪2014/08≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム