ヒラメが・・・

本日朝マヅメ60分勝負に出かけてきました。
結果から書くと「ボウズ」です。

狙いはアオリイカ。
道中サーフを横目に見るといい感じで波が立っています。
「今日は荒れてるな~。ヒラメが釣れそう(根拠はなし)」などと思いながら通過。

ポイントに到着すると車は3台。
全て県外ナンバー。
3名いらっしゃり、全員イカ釣りに来られているようで、2名はエギンガ―、1名はアジの泳がせ釣り。
このアジの泳がせ釣りの方はなんと竿を8本だしておられます。
やり過ぎだ!
効率は良さそうですが。
まぁこのポイントではいつものことなので、竿を出せそうな場所を探しますが、湾内はいい場所がなく、外向きは波がまぁまぁある。
エギング中止。

で 外向きがなんかいい感じ(根拠はないです)ので、ヒラメでも狙ってみようということに。
水道部にくじらジグ(自作ジグ)を遠投。
テンションをかけてフォールさせるとジグが着底しないほど流れが早いです。
再び巻き取って今度は流れの早い所と緩やかな所の境目辺りへ遠投。

ブチッ

ベールが戻ったままで高切れ。

うぉおおおお!

自分が悪いんですが、怒りを感じながらリーダーを結びに戻ります。
が リーダーが ない。
しょうがないのでPE直結で再スタート。
ここは根ズレがあまりないのが不幸中の幸いであります。

投げてすぐさまテンションフォール。
着底後巻上げを開始した直後 ゴンッ!

きた!

激しく抵抗するので青物かとも思いましたが、手前まできてヒラメと確認。
しかもかなりでかい。
50cmくらいはありそうです。
針は小型アシスト1本しか付けていません。
引っこ抜くのは厳しいかと思いながらも、ハンドランディングは危険なので強引に抜き上げ。
しかし、案の定暴れて海へボチャン。
怒りがMAXになり終了。
次回はタモを持参します。

魚は逃がしましたが、一番知りたい魚の着き場や釣れる状況が少しだけわかったかも?


自身の実績がないので全くあてにならないんですが、少し振り返ってみました。

本日は中潮。
海は波立ち(大荒れではない)、多少濁りも入っていました。
ヒットした時間が、朝マヅメの下げ止まりから上げ始めたくらい。
前回釣った時は中潮で、朝マヅメの下げ7~8分。
この日は台風の前後だったような気がするのですが、波、濁り共にあったような気がします。
前回釣ったヒラメも同じ場所です。
ちなみにソゲが釣れた時は、別の港ですが上げ3分くらい。
ベタ凪でした。
いづれもベイトは確認していません(ゲドウのオキエソくらい)
ちょっと釣行3回のデータでは情報が少ないので、データとしては信頼性に欠けますが、いづれも潮止まり前後にヒットしています。
あと今日気づいたことですが、このポイントの水道部は少し掘れているような気がします。
もしかしたらその時間はその近辺についていたのかもしれません。
これに似た状況の日、時間に釣行すればもしかしたら結果がでるかも?
でも「ヒラメはベイト次第」というのがちょっと気になります。
う~ん難しい。
しかし、砂漠の中から宝を見つける感覚で釣っていたヒラメですが、僕でも狙って釣れる可能性がでてきました。
残念なことに近場でルアーでのヒラメ釣りをしている知り合いがいないので情報が全くないのですが、餌釣りの人の話ではこれからの時期はよく釣れるということなので研究しつつ釣果を伸ばせたらと思います。

僕は港湾部でしか釣ったことがないのでよくわからないんですが、サーフでも釣ってみたいという思いがあります。
しかし半島のサーフは離岸テトラがあるポイントが多く、あまり波が立ちません。
ここにはベイト次第でヒラメは入ってくるのか?
遠浅のサーフでも釣れるのか?
川があったり、根があるポイントはありますがどうなんだろ?
謎です。
こっちも調査が必要です。

DSCF0117.jpg

釣り上げることはできませんでしたが、今日喰ってきたジグ。
ちょっと試したいルアーが数個できたので、次回はそちらも試してみます。
スポンサーサイト

コメント

ともともさん

ありがとうございます。
プロのご意見を聞くととても参考になります。
今のポイントで釣果を伸ばすことを最優先で(というかここしかしりません)、徐々に新規ポイントを開拓していけたらなぁと思います。
挫折の可能性も多々ありますが。

フックですが、前回はたまたま新品でしたが、意識してませんでした。
かかりづらくばれ易いんですかね。
次回からは磨きます!

いもっちさん

予想が当たればいいのですが、どうでしょう。
がんばってみます!

お久です。
ちらほら こちらでも50センチが釣れたとの
情報が入って来てますが
今年はこちらのサーフは例年に比べて全然駄目です。

ヒラメですが、自分も統計取ってますが
大潮より中潮の方が一番釣れてますね

自分のモットは 『ヒラメは歩いて釣れ』です
もちろん統計も生かしながら
釣れそうなポイントは特にサーフは
一歩づつ移動しながら粘ってポイント絞りをやってます。
毎日努力して授業料を使っていたら
必ず努力した順番でデカイのがヒットすると
思ってやってます。

まだ島根半島はヒラメの未開発の場所が多いと思って
ますので、頑張って下さい。

最後に これはやられていると思いますが
特にヒラメの場合は、フックを必ず新品か
よく磨いてから釣りをスタートしてください。





お~、おしいっすね~。
ある程度の絞り込みができて良かったですね。次こそは良型期待してまっす。

ですね。
おそらく釣れない人(僕を筆頭に)はみんなそう思っていると思います。
一つ壁を越えれば少しは結果が出せそうな気がするんですが・・・

ばれたのは惜しかったですがくじら君ジグ流石ですね~
ヒラメ僕も狙ってみたいですが何処にいるやら何で狙えば良いのかわかりません。

ヤマさん

惜しかったですし、ショックで足が震えてきました。

画像がないと証明できませんので信頼性に欠けますね。
次回は画像付きでアップできるようにがんばります!

くじらジグが無限の可能性を秘めていることに期待します。

たくさん

武勇伝が語れるサイズをゲットできるようにがんばります!
しかしジグのストックが残りわずかとなっています。
そろそろ追加発注しないといけませんわ。

抜き上げてないから あえてオメデトウは
言いませんが 惜しかったですね~

くじらジグ
無限の可能性

おおお…50cmのヒラメ…
ショアから釣れるサイズでは最高クラスなのでは…
惜しかったですね、手作りジグで座布団サイズなんて超武勇伝ですね。研究熱心なところに感心して読みました。
非公開コメント

カレンダー(月別)

07 ≪2017/08≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム