2006年1月30日 「新規釣場開拓」 島根半島編 (第9回)

昨日も書きましたが、ここ何日かメバルが釣れません。
釣れてもミニサイズ。数も1~3匹が限界です。
背中の青いメバルの集団に出会えば数釣りもできるのでしょうが、
それ以外のメバルを釣るとなるとこんなもんなんでしょうか?

今日は新規開拓に出かけました。
といっても私用によりPM9:00までの釣行となりました。

さて、今夜出かけたのは島根半島ではかなり大きい港です。

さすがにでかい。
防波堤はたくさんあるし、距離もかなりある。
ポイントが絞れません。
とりあえず適当に建物の下で開始です。
街灯もあり、船の強烈な明かりで小魚も集まってきています。
メバルはいるのでしょうか?
ビューンと投げて表層を引いてきます。
反応なし。
この港は水が濁っていて水中の状態がわかりません。
水深を測ってみようとジグヘッドを落としてみると、沈む沈む。
相当深いです、ここ。
カウントしながらいろんなタナを探ってみますが、反応がありません。

で 場所移動です。

明かりのない防波堤でトライしてみます。
2~3投目で小さな小さなメバルをGET。
即リリースして深場を狙ってみます。
いきなり根掛かりでロストして、新しいのにチェンジっす。
水が濁っているので明るめの色のワームにしようと思ったのですが、
あいにくグラスミノーSSピンクしかありません。
とりあえずこれをつけてビューンと投げ、スローで引いてきます。
このポイントは捨石かなんかで底の状態が複雑になっているようです。
根掛かりを回避するため、気持ち中層を意識して探ってみます。
小さなアタリがきて上がってきたのは小さな小さなカサゴ。
即リリースして再度投げるもまたまた小さなカサゴ。
根掛かりが激しいので場所を移動します(結局2個ロスト)

次は潮の穏やかで、街灯が何個もあるポイントです。
一応船も泊まっているので、メバルがいてもおかしくはありません。
お気に入りのダイワのビームスティックで勝負です。
さぁ投げようと海面を見てみるとゴミだらけ。
即移動 しようと思いましたが、1トライしてみようとビューンと投げて
ちょい早巻きで表層を巻いてきます。
おや?何か着いてくるぞ。
再度投げて表層を引いてくると、突然激しいアタリが!
グイグイ引くのでメバル用のロッドが激しく曲がります。
やっとの思いで足元まで上がってきたのはなんとシーバス!

CA320032.jpg

体長はちょびっと30CMを超えたセイゴというやつでした。
まだシーバス釣りをしたことないのと、本格的にルアーフィッシングを始めた
のがメバリングのため、ものすごくでかく感じます。
しかし大きくなればメーター級。いつかは釣りあげたい。
大きくなったらよろしくねとお願いしてリリースです。
思わぬ外道でした。
時間がきたので本日はこれで終了です。

肝心のメバルはまたしてもキープできるようなサイズは釣れず。
しかしうれしい外道に満足です。初めてシーバスというものをみました。
実際に見れてよかったです。

本日の天候 夜は曇り 北北東の風(2) 大潮 
満潮  PM3:37 AM1:54(31日)
時間  PM7:00~PM9:00

本日の釣果

メバル×1 カサゴ×2 アナハゼ×1
シーバス×1


タックル

ダイワ  ビームスティック グロウ(ヒット
エコギア グラスミノーSS(ヒット
      グラスミノーS


スポンサーサイト

コメント

こんにちは

コメントをどうぞhttp://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でリンクされていたので見にきちゃいました(≧∇≦*)ブログ最高ぅぅ!
非公開コメント

カレンダー(月別)

03 ≪2017/04≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム