ロケッティア

前回の釣行で初めて投げた「ロケッティア」というエギ。

率直な感想は「飛びます」

普通の投げ方でキャストした場合(エギの頭がこちらを向いて飛んでいく)と、ロケッティアの投げ方でキャストした場合(エギの頭が進行方向に向いて飛んでいく)で飛距離の違いを比較してみました。

いづれも、

海面から1mくらいの高さからキャストし、
キャスト後、着水間際にサミングして着水後すぐ巻き取りを開始、
微風の向かい風でラインが1直線になる状態でキャスト
タックルは8フィート3、2インチのロッドに2500番リール、ラインはPE0.8号、エギは3.5号
(リールハンドル1回転当りの巻き取り量は72cm)

の条件でテストしてみました。

それぞれ5回ずつ投げてみました。

が、メモした紙がどっかへいってしまいましたので、記憶を元に書きます(適当です)

普通にキャストした場合、だいたい50回転前後でエギを回収。

平均36m。

ロケッティア独特の方法でキャストした場合、80回前後でエギを回収。

平均58m。

ということは約22mも飛距離がアップしています。

これは凄い。

(タックルや投げ方によってもっと飛ばせる方もいるでしょう)

謎な所が、あまり飛ばすとしゃくった時にエギが跳ねているのかどうか疑問に思うところです。

沖でイカが1杯掛かったのでアピールはできていたと思うのですが・・・

飛ばせばいいというものではないですが、悪天候や飛距離を稼ぎたい場合、役に立ってくれることでしょう。


以上適当なテストでした。









スポンサーサイト

コメント

さなぎさん

では、今春はバイオレンスで腱鞘炎覚悟しますか(笑)

まーちさん

メーカーもよく考えますよね。
その内ウイング付きのルアーやモーター搭載で勝手に泳ぐルアーが出たりするんですかね~?

従来の距離投げたエギより
バイオレンスなジャークをいれないと、
エギの動きに反映されないのかもな~。

重心の位置って重要なんですね!
前重心のエギの致命的欠陥を解消してますね。
すごい。

今回はブログ用で特別です。
まぁなくしたんで役に立ちませんでしたけど(笑)
普段はあまり考えずボケ~っと釣りしてますよ。

凄いねくじらさん。釣り場でメモとか取っているんだ!
ブログにUPするタメ? 研究のため?
いずれにせよ素直に感心してしまいました。

しかし50m以上って…それも凄いね
非公開コメント

カレンダー(月別)

10 ≪2017/11≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム