ゴリラタンク塗装編 ~本当の最終回 仕上げ~

ゴリラタンク塗装の最終仕上げの続きです。

まだ引っ張ります。

ですが、これが本当の最終回です。

前回ウレタンクリアの磨きで失敗。

クリアの塗装膜が薄くて地肌がでてしまったと思っていました。



が、あの後タンクを観察していると、傷だらけで、ゆず肌(まだら)なのに妙に光沢があるんです。

地肌が出たなら艶消しになるんじゃない?

ひょっとしてクリアは残っているんじゃないかと考えました。

ということで、再度ペーパー掛けをしてみることにしました。

失敗した後なので、もう怖いもんなしです。

1500番、2000番で磨いていきます。



すると、傷がなめらかになり、ゆず肌が消えた!

クリア層がゆず肌になっていたんですね。

そして、傷だらけの原因は、磨き過ぎで地肌が出るのを恐れ、磨きが甘かっただけ。

クリア層は厚く硬い。

ようするにビビっていたということですわ。

2000番のペーパーでひたすら磨くこと1時間半。

ゆず肌をだいたい消せました…


最後にコンパウンドで仕上げます。




キター!






鏡面になりました!

やり直してよかった。

純正の塗装と比較すると、やはり美しさは負けますが、自分的には満足できる結果となりました。

完成まで1ヶ月、非常に手間がかかりました。

今回の塗装費用は1万円弱。

手間と金額、そして失敗するリスクを考えたら、塗装屋に出してもよかったかも・・・

まぁ素人でもなんとかできましたので、私と同じど素人の方でタンク塗装をを考えの方、参考にして下さい。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー(月別)

05 ≪2017/06≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム