久々に尺メバルを釣りに行ったのだが

仕事を終わらせて地磯へ向かったのが21時
 
山を下り、磯へ出ると三日月が闇夜を照らす
 
浣腸、いや失礼、干潮間際のため、急いでポイントへ向かう
 
かっこよく書きたかったのだが、いきなり本性がでてしまった
やめやめ
 
尺はいるかな?
 
反応なし
 
潮の重みがない
 
捕食タイミングに間に合わなかったかもしれない
 
止まる直前の潮が走る最後のタイミングを狙う
 
なんとか魚を見つけたい
 
焦る
 
魚はどこだ?
 
見つけた
 
ここは前方どシャローの張り出した岩が広がるエリア
 
その沖のブレイクラインに溜まっている
 
フルキャストしないと届かない
 
油断していたため、1発目はラインブレイク
 
リグを組むのに手こずってしまった 
 
時間がない
 
潮は止まってしまったか
 
まだチャンスはある
 
ドンッ  きた!
 
4連発の末、アタリは消えた
 
夜光虫の灯りで魚が捕食しているのがわかる
 
魚はどんどん沖へ向かった
 
タイムアップ
 
ブルーの群れを見つけられたのが幸いだった
 
なんとか魚をキャッチできた
 
マックス28
 
ブルーで尺は厳しい
 
今春も尺を獲りたい
 
通うしかないか
 

 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー(月別)

06 ≪2018/07≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム