ようやく出会えたヒラマサ 

先週隠岐春政最終戦へ行ってきました

最終戦の舞台は島後の中村

アクシデントや北東からのうねりが入ったこともあり、限られた時間の中挑んだがヒラマサには出会えず

これにて2016年春の隠岐挑戦は幕を閉じた

隠岐のヒラマサは難しい

そう去年痛いほど感じていたのだが、今春も惨敗に終わった

何故これだけ通って釣れないのか?

帰りの船でいつも自問自答していた

技術的な問題が大きいかもしれない

それはわかっている

だが、まぐれでも魚は掛かってくれるのではないか?

そういつも薄い期待を抱いていた

現実は甘くない

大きな夢は尽く打ち砕かれた

出会えそうで出会えない隠岐の平政…

次は秋

また挑戦してきます






一区切りついたところで、暇なので ぬ と青物とアカミズを狙いに沖磯へ渡ってきました

半島の海の様子がわからないので状況も知りたかったのです

この日は珍しく3時半に上げてもらえました

真っ暗な中到着

メバルタックルを持ってくればよかった

暗闇の中、トビウオも寄っているし、何かがボイルしており、狙ってみるがノーバイトでした

日が上ってからジグで探っていると ガツンっ!

豆だけとヒラマサきたー!!

撃投105gにてヒット

今年は自分の愛用しているジグに何故か反応が悪く、撃投ジグを多用してます

前回釣ったのいつだっけ?ってなくらい久しぶりのヒラマサ

サイズはともかく顔を見れただけで嬉しいです

本当に素直に嬉しかった

やっぱり島根半島の魚は裏切らないな~

ただ、半島の春は終わっていた

そして今年初?のワカナも登場


ライトショアジギでもヒラマサがヒット

撃投レベル40gにて


ぬ も無事ヒラマサを釣り安堵


続けて ぬ のアカミズ


瀬と藻がエグ過ぎて、掛けてから必ず駆け上がりで根掛かる

だが、ここだけ異常に魚影が濃い

この魚、実はフッキングしていないんです

スプリットリングにエラが挟まっているだけ

針はぶら~んとしてましたww

昼までやってヒラマサ3本、ワカナ2本でした








続きを読む

ぬ と青物を狙った結果

3週連続の遠征釣行でちょっと疲れが溜まってきたのもあり、今週は隠岐はお休みです。

地元の海の様子もチェックしておかねばならんと思い、渡船屋に電話してみますが、どこも出してくれね~

しゃあないから地磯でも行くか!ということで、朝4時過ぎに ぬ の家に迎えに行って2人で出てみました。

体を休めたいと思いつつ結局釣りに出てしまいます。

朝一は本潮がゆっくり動いており、釣れそうでしたが2人とも反応なし!

潮止まりを迎え、その後逆潮の激流に…

115gがどんどん流されていくので130gに変えたいとこですが持ってきてない。

そしてこの潮変わりのタイミングでナブラ発生!

2人で投げ倒しましたが何にも反応しませんでした。

うーん…

半島でも魚に相手してもらえず残念です。

逆潮でも潮がかなり走ったので、釣れそうな気はしてたのに…今年はほんと魚が釣れない(自分だけ)


アオリイカは好調のようで、イカ釣りよっちゃんから連絡が来ます。





ええの~

2016年春 隠岐3戦目

くじらです

ヒラマサの釣り方がわかりません…


くじらです

潮がまたうごきません…



くじらです

日焼けでサングラスの跡がくっきりつきました


くじらです

隠岐でこの日唯一釣れた魚です…




くじらです

カラスに弁当をつつかれ唐揚げを2個取られました



くじらです

泣きそうです…泣きそうです…泣きそうです


船長にはいろいろとアドバイスを頂いたのに結果を出せず申し訳ないです



ただ、メバルだけは良かった


1時間しかやらなかったけど、やっぱ隠岐はメバルの宝庫ですな~

今回は福友さんで行ったのですが、磯が広すぎてほんの一部しか探れませんでした

しかし着き場を見つけたら爆発します

泊まりだったらまた夜も出来たのに。




ヒラマサはいつになったら釣れるんてしょうwww

いい加減「潮のせい」という言い訳も通用しなくなってますwww


先日ショアから24kgも釣れてるし、場所によっては夢は持てるんですけどねぇ

現実が厳し過ぎる







2016年隠岐2戦目 

単独で行って参りました。

今回は渡船屋さんを変えてみようと予約していましたが、欠航…日帰りもキャンセルが出たため欠航…

いつものとこは日帰りなら出るということで、一安心。なんとか行けそうです。

ほんとは磯泊りでキャンプを楽しもうと奮発して和牛ステーキも用意していたのですが、残念です。

今回の磯は一人で貸し切りかと思いきや、3人で渡礁。

今日こそは魚を釣りたい。

家の前のお地蔵さんにお願いもしてきました。

万丈の気を吐く。

早速トップから開始。

潮はまぁまぁいいよ。

数投目でいきなり出た!

よっしゃ乗った!

結構引くよ~しかも重い。もしやでかい?

ヒラマサ?いきなりヒラマサ来ちゃった?

隣の人もヒット!

手前まで寄せてきた…

フロントフックが外れて背中に掛かってた。

どうりで重いし引くわけだ…

しかもリア1本。

なんとか捕獲

マルゴ70cm


やった ようやく魚釣れたwマルゴだけど。

隣の人はなんとヒラマサだった。俺マルゴ。

なんでよ~

気を取り直してジグにチェンジすると、ゴン!

これは…この引きは…ついに、ついにあの夢にまで見た隠岐のヒラマサが、4連続ボウズの果てにとうとう来ちゃったか!

ギラッ

ヒラマサだ!

サイズは60~70ってとこだけど、ついに、ついに、ついに来たぞー!

さぁ抜くよ~





ぽちゃっ










ぽちゃっ



!!!!!!!!



皆が揃って  あーーー!



終わった…

俺の隠岐ヒラマサが、終わった…




呆然と立ち尽くすにはまだ早い。

すぐさま次を狙う。


しばらくしてナブラが寄ってきた!

チャンス!

そしてトップでマルゴラッシュ突入!



トップにバンバン出まくる!

連発!!

さっきのバラシを忘れさせてくれる程の大漁!

気持ちいい~



が、状況がころころ変わる。

今度はイルカの大群が現れた。

その数数十頭

目の前まで来てジャンプしまくる。

しばし皆でイルカショーを観覧。

昼前再びナブラが立つがシラスナブラのようで反応がない。

小型のミノーに反応するがすぐ外れて乗らん!

日も登ったのでトップメインからジグに変更してみる。

潮は激流。

今日は130gまでしか持ってきておらず、130gでは底が取れません。

本流に流しては釣りにならないので、本流から外れたヨレを中心に探っていると、突然 ゴン!

掛けた瞬間からロッドが大きく曲がる!

潮に乗っているせいもあると思うが、かなりでかい。

しかしいつものフックアウト。

しばらくしてまたアタリがあったがこれも乗らず。

その後トップ、ジグと交互に投げ続けたが反応はなく、時間は回収30分前。

今日もヒラマサを捕獲できなかったか…

片付けを済まし、迎えを待つ。

すると激流がさらに加速し、スーパー激流になった。


なんと目の前で激しいナブラが発生!

潮が変化したのをきっかけに夕マズメの地合に突入!

タックルをもう一度用意するべきか、諦めるか…悩みながら迎えの渡船の進行状況を確認する。

結局悩んでいる内に回収が来たので諦めました。

タイムアップ…

またヒラマサは捕獲出来ず…

なんと5連続ヒラマサボウズを達成してしまいました…

笑うしかない。

だが、今回は目前でバラシはあったものの、隠岐のヒラマサに出会えた。

そしてマルゴが遊んでくれて、精神的にも大きく助けられた。

正直今回はまぁ満足出来た気持ちが強いです。

しかしなんで俺にはヒラマサが釣れないのだろう?

どんだけ下手なんだよって感じですが、こうなったら釣れるまで通ってやる!

また挑戦してきます。

2016年隠岐1戦目 波乱

今春も隠岐平政に挑戦してきました!

今年は青物が絶好調のようで、船長曰く、近年稀に見る青物祭りとのこと。

行くしかないでしょ!

と、釣り仲間U君と通し釣りで逝ってきました。

連日ヒラマサそして特にマルゴが数出ているようで平常心を抑えるのが無理ってくらい期待してしまいます。

だがまて、去年3連続ヒラマサボウズ食らっている身としては、ここは冷静にいかねばならん。

何故なら、俺には釣れないかもしれない。

ディオの如く俺のスタンドが発動してしまうと、この周辺の潮がピタリと止まってしまう。

そんな一抹どころか百抹の不安を抱えながら渡礁。

情報によるところ、前日?90オーバーが上がっているとのこと。

さぁいくぞ!











潮がピクリとも動いてねぇ~











夕方



潮が一日中全く動かねぇ!





結局朝一ジグの回収中にワンバイトあったのみ!

U君はトップで1度出たのみ。

潮は嫌がらせのように一度も我々の前に軌道を描かなかったのである。


絶望に浸りながらキャンプ。

だが幸いにもキャンプという趣味を満喫することはできた。

寝るべ。



翌朝4時

立っていられないほどの爆風!



トップを投げても真横から帰ってくるし、ジグはまるでしゃくっている感じがしない。

結局ノーバイトで終了。

結果 惨敗。

流石に皆厳しかったかな~なんて思っていたら、人を回収する度に爆釣、爆釣、爆釣…

え?

潮が全く動いてなかったよね?

俺らの磯だけでした。

スタンドが発動してしまっていたようで、時が止まっていたようです。

無駄無駄…

なんか、皆さんの釣果を見て切なくなりましたよ。ほんと。

帰りの船の中では、何故か頭の中でずっと中島みゆきの時代が流れていた。

ということで、第1戦目、予想通り?ボウズ!

釣り下手だなぁ俺。

次回、第2戦目に逝ってきましたので近日中にアップします。


励ましの 拍手(いいね)をお願いします!





あ、そういえば長いことショアジギしてて初めて女の子アングラーに出会いました。

なんかびっくりしてしまいました。
撃投blogにも投稿されていたけど有名な方なんですかね?知らんけど。



久々の沖磯 イカパターン

次の休みは出れるかわからないので、出勤前になんとか時間を作って沖磯へ渡ってきました。

1ヶ月以上振りに渡れました。

この日は3人で渡礁、朝一から潮が走っており、期待できます。

そそくさと準備してトップから開始。

と、いきなり豆ヒラヒット!



隣の人が!

すぐさまジグに変更するがあたらない。

しばらくしてトップにヒット!



隣の隣の人が!

シーバス!


しばらくしてヒット!




隣と隣の人がダブルで!

マルゴ!



その横で俺は大仏のように見守る。



釣れる魚の吐き出すベイトは小イカばかり。

イカばかり偏食してるっぽい。

イカパターンか。

過去にイカパターンの時は良い思いをしたことが多いので期待するも俺には反応がない。



しばらくしてヒット!

マルゴ!



隣の人が!

ゴンッ ヒット!  マルゴ!


隣の人が!



そしてついに、ゴンッ!!

ヒットぉー!!


ヒラマサきたぁー!!






隣の人が(大泣き)



出勤時間が近づいてきたのでタイムアップ…

完敗です。

魚はいた。

そしているのがわかっている中、食わせられなかった。

ジグもいろいろ試した。

しゃくりもいろんなパターンを試した。

しかし、今回は自分に反応する魚はいませんでした。

はっきり言って釣り方が全くわからず、完全にお手上げでした。

こういう時はハマった人だけ一人勝ちできる…

過去にいい思いを結構してきただけに今回は悔しい思いをしました。

まぁでも皆で楽しく釣りできたから楽しかったですわ。

勉強にもなったし。

ということで、またリベンジしたいと思います。

おしまい





くじらさんより釣果報告が届いております

どうも~ 只今西風の強い中地磯に来ておりまして、リアルタイムで更新しております。

というのも、イルカショーが始まってしまいまして、することがないんです(T_T)

この群れが居着かなければいいのですが…

一応今日は魚が釣れました(^-^)



サワラです…切られなくて良かった…

毎回こういうフッキングを決めたいですね。


最近コイツしか反応してこないけど、ヒラマサ回ってねーんじゃないの?












続きを読む

勝敗の分かれ道

このblogはFC2の無料blogを使っているのですが、最近広告バナーがかなりうざい。

上から下に落下してくるような仕掛けで、誤クリックを狙っているとしか思えない悪質なやつで、何度も誤ってクリックしてしまう。

まぁアメブロほどじゃないですが、中々にうざい。

無料で使わせて貰っているので文句は言えませんけどね。文句言うなら有料版使えよって感じですよね。

さて春政ですが、出だしはよかったものの、あれ以来天候に恵まれず…休みの日は決まって荒れるという神の悪戯?にまた悩まされております。

この日は朝一を過ぎると爆風、波は3mまで上がる予報。

しかしそんなの小島よしおでございます。

風は受けてもしょうがないが、荒れても立てる磯へ行ってみました。

ちなみに抜きあげがきついかもなので、一応ギャフも持って行きました。

このギャフ、数年前に購入して以来、一度も使ったことがないんです。

理由はそんな魚が釣れないからです。

さて本日の潮。



今日は夜の潮なので、中々厳しい戦いになりそうです。

昼間の潮は終わっているので、前回同様1回のアタリを拾えるかどうかが勝敗の別れ道。

あとは現場の状況次第で潮が動いてくれることを願うしかない。

きつい山越えを経て、磯へ到着。

9時までが勝負と思っていましたが、以外と早く風がきつくなってきてうねりもでかくなってしまいました…

普段愛用しているジグでは飛距離もジグの強度も足りないので久々にマリアのショアブルーを使ってみました。

中々安定していていいっすな~

しかし使い慣れていないため、潮流の変化がよくわからん。

これでは闇雲にしゃくり続けるしかない。

風が強く文句を言っている場合ではないのでひたすらしゃくり続ける。

8時頃

潮が動き出した感じ?よくわからん




足元で ゴン!


プスっ!


あいな~ やられた~

サワラが回ってきたみたい

ジグをつけ直して再開


シュッ  シュッ スカッ!

あいな~またやられた~

ここで60gのバイブを入れてみた


し~ん。


なめとんのか!





9時過ぎ

遥か沖で鳥山が立っている

指を加えて待つ

魚はいるようだ

後は潮次第 お願いします!




10時


真横からの爆風、大荒れ。

だが立場は何ら問題ない


マシーンと化してひたすらキャスト、ワンピッチを繰り返していると、突然中層で引ったくってきた!

ヒラマサ?


即座に合わせを入れようと思ったが、針に掛からなかったようです。

バラシ


1時



しょんべんして撤収




正体はわからないけど魚はいましたね

サワラは腕があれば捕れたと思いますが、最後のアタリは運も良くないと難しい かな

あの1回のアタリを拾う…難しいですな~

ばらしたけど、魚体を確認していないから次こそはと夢が膨らむんですよね~

あれはヒラマサだったのかもしれない

あれはマグロだったのかもしれない

現実は…40cmのワカナだったかもしれませんがいいんです

見えない正体…ワクワクしますな~

次こそはあの捕れなかったワカナを…いやいやヒラマサを捕りたいですな~


ということで、ボウズでした~

おしまい

ショアマサ 一発必中

雨の中、朝一から行ってきました。

午後からは北のうねりが入ってくるので午前中勝負になりました。

先日とは状況が変わっているのは知っていて、厳しいかな?と思っておりましたが、いつもの「ま、なんとかなるでしょ」と、お気楽気分でスタートです。

しかしこのお気楽気分とは裏腹に、雨、さらには風、しまいには潮も動かないという厳しい状況。

これは私のほんと適当な感覚ですが、ジグのしゃくり心地が悪いと釣れる気がしないんですよね。

今日はその「釣れない潮」の感覚ばかりで、中々集中力が続かない。

そんな気分を払拭させてくれたひと時

休憩から再開したところで突然平政がヒット。


一瞬で重い心を解放させてくれる瞬間。

これだから釣りはやめられない。

そんな至福を楽しんだのも束の間、後が続かずタイムアップ。

この日アタリはこれ一回のみでした。

なんだかな~

一発必中は言い過ぎですが、貴重なワンバイトを拾えてラッキーだったと思います。








2016年春ショアジギング始動!

どうも!

今冬は地磯に通ってマサを仕留めてやろうと思っていたのですが、日本海をなめちゃいけません。

まぁ時化ること時化ること…

弱っちい僕ちゃんは海へ行けず、結局いつだったかのワカナ一本勝負で冬の陣を終了させたのでした。

そんな中訪れた凪の陽気。

グッドタイミングで休みという奇跡。

行くしかないでしょ!

ということで釣り仲間を誘ってショアジギングへ行ってきました。

情報はなし、最近の海の様子もわからないのですが、まぁなんとかなるでしょ!と根拠もない安心感にも似た心境の中現場到着。

ここで偶然知り合いの方に遭遇。

さて、タックルの準備をしていると、早速ヒットさせてらっしゃる。

1投目?

流石です!

いきなりテンションがあがり急いで準備して開始すると私にもヒット!

が、巻いたばかりのラインが何故か高切れ…擦れ?

焦る気持ちを抑えて、システムを組み直して再開すると再びヒット!

が、また途中で高切れ…何なん?

いつもの下手くそ全開です!

再び組み直すが焦ってしょうがない。

我慢汁が出まくって既に本汁並なんですがwww

そして再開した頃には地合が終了していました。










というのがいつもの私なんですが、我慢できなかった本汁が海に流れ出ていたのか魚がまだ寄っていた。

こんな俺にも寄ってきてくれる魚ちゃんに感謝

人間の女の子はこんな馬面には見向きもしてくれないのに…

ゴン!

ようやく捕れた…



ショアスパルタン96HH 80~100gはとても使いやすいです。

久々のヒラマサ、さらに今年初物ということで興奮しましたわ~

まだ終わりませんよ。

ゴン!

ヒラマサゲット。

ゴン!

ヒラマサゲット。



ヒラマサしか釣れん 楽しいっす!

同行者も2本釣り上げ御満悦の様子。

喜んで貰えてよかったです。はい。

70くらいとのことです。


多分まだ釣れるけど大変満足してしまい、昼で帰りました。

サイズは60~ってとこですかね。

振り返ってみると、内容的にはあまり良くなかったです。

私は3本捕れたけど、バラシが捕れた数の倍、ライントラブル多数。

焦って基本を疎かにするといけません。

魚が沢山いたからよかったけど、チャンスが1回とかしかない日だったら終わってたな。

うーん駄目だなぁ…俺。

今日みたいにヒラマサの群れが寄っている日は春はたまに遭遇しますが、これにハマチの群れも同時に寄っている日は、パターンがはまれば一日中アタリが途切れない大爆釣DAYになります。

またそういう日に出会いたいですね。

このヒラマサは脂が乗っていてうまかった~

そろそろ ぬ を誘って出かけてみましょう。

シーズン一発目から素晴らしいスタートを切ることができました(釣果)。

これからが楽しみですな~





























続きを読む

カレンダー(月別)

05 ≪2017/06≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム