沖磯を楽しむ

こんにちは
 
春のヒラマサシーズンも終わり
 
これからは夏の小政の数釣りシーズンになるでしょう
 
今春は地元でヒラマサは2本しか釣れませんでした
 
年々釣果が落ちてます💦
 
トップやめて昔みたいにジグ一本で通し、根魚に浮気せず終始しゃくりまくれば数は伸ばせると思うんだけど・・
 
状況も同じ松江市の磯に通っている方の知り合いが少ないので、今春は釣れていたのかどうかがさっぱりわからんです
 
結局自分で釣って状況を探るしかないんですわ
 
まぁその方がが楽しいんですけどね
 
 
さて、そろそろイサキのシーズンかなと思い、沖磯へカゴ釣りに行ってきました
 
これがサッパリでして、全然おもんないですわ
 
船長や他の釣り人の話は釣れてないばかり・・・
 
まだ少し早いかもしれません
 
あ~イサキの炙りが食べたい
 
カゴ釣りがつまらんので青物やってみたり根魚やってみたりして時間を潰しました
 
ハマチがたまにトップにボコッと出てまして、一回掛けましたが針外れ
 
ワームで根魚をやってて、足元回収中にワームに小政がチェイス(最近よくある)
 
これで食わせたことがない
 
根魚は爆釣で、サイズこそ30cm弱止まりでしたが、アカミズ10匹くらい、ボッカは15匹くらいは釣れたと思います
 
ボッカがこんなに釣れるとは思いませんでした
 
根魚をやる人が入ってない証拠です
 
ボッカはほとんどリリースしてアカミズをキープ
 
自分用に2匹程もらい、後はあげました
 
 
根魚は裏切らないですな~
 
 
写真撮るの忘れてました💦
スポンサーサイト

ハマチ

磯へ行ってきました
 

 
ここは久しぶりに来ました
 
ベイトが凄いです
 
あちこちでナブラが立っておりました
  
 
今年はワカナが大量に湧いており、どこへ行ってもこんな状態です
 
この日はでかいアカミズにかなり期待して行ったのですが、最近のべた凪と潮の悪さが関係しているのでしょうか、それともまだ少し早いのか、数は出れどもビッグサイズが出ず
 
だいだいに潮が走るところなので、この日も悪いなりにそれなりに走ってはおりましたけどね
 
ぬ がそこそこのサイズを釣っていましたが、まだまだこの磯のポテンシャルはこんなものもんじゃないです
 
青物ですが・・・ヒラマサは釣れず
 
釣れるのはハマチばかり
 

 
前日一睡もしてないので、無風の太陽が照りつける中、気温も上昇し、かなり疲労感がありましたが、まぁそれでもポツポツと青物と根魚が釣れたので集中力も続いたかな
 
 
 
 
 

ビッグロックフィッシュゲーム

ショアジギングへ行ってきました
 
いや~今日は参りました
 
朝の5時から磯へ入って、青物が釣れたのは午後1時前でした
 
朝一からベイトはたくさんいたのですが、潮が昼まで全く動かず、全然湧かないし、青物も食い気がなかったようです
 
こいつを釣るのが精一杯でした

 
潮が全く動かないので、今回はロックフィッシュゲームをガッツリやりました
 
前回苦い思いをしたので、PE1.2号からPE1.5号へ戻しました
 
キジハタ のアタリはコンスタントにありますが、サイズが出ません
 

 
この魚は30cmくらいの小型ですが、こんなサイズばかり釣れる
 
 
この日はオープンエリアに出てこないので、際をギリギリ通さないと食いません
 
潮とベイトの関係でしょうか?
 
根魚も渋いようです
 
自分的には40cmアップが一本欲しいところ
 
際はやめて、フルキャストしてひたすらオープンエリアを狙うことに
 
しばらくして、ガツン!ときて、ロッドエンドを腹に固定しないとリフトがきついサイズがきました
 
PE1.5号あるのでゴリ巻きで浮かせてぶっこ抜き!
 
なんとまたクエが釣れました(^ ^)
 
サイズは48cm!


クエってこんなによく釣れる魚だったっけ?
 
これでも子供なんですよね 親の顔が見てみたい
 
自分的にはかなりいいサイズなので、持って帰って食べることにしました(^^)
 
ビッグロックフィッシュゲーム、楽しいです!
 
 
 
 
 

ショアジギング ヒラマサブリ

夜明けが早くなりましたね
 
ショアジギングへ行くのに朝3時起きですよ 
 
寝る時間がないですわ
 
今回の同行者は ぬ 
 
家まで迎えに行って朝マズメからスタートです!
 
夜明けはメバルを狙い、投げる度にボゴボコ釣れました
 
青物狙いに変更して、朝一ヒラマサが1本でました
 

 
でもね~ ワカナサイズなんすよ・・・
 
このサイズが釣れ始めだすと、春も終盤かも?
 
 
この後ワカナを追加

 
そしていつもの根魚狙いに変更です
 
サクッとアカミズ40cm 1回根に潜られたけど
 
 
この後ですね、4発でかいのがきたのですが、根に潜られ、引き剥がしては壁に張り付かれ、そのまま根にロックするという悲惨なやり取りが4回も続き、リーダーもなくなり、テンションが下がりました
 
今回操作性重視のため、PEを1.5号から1.2号に落としてみました
 
引っ張り強度としては1.2号でも十分なんでしょうけど、号数を落としたことでやり取りが慎重になってしまったのがいけなかったかもしれません
 
1.5号に戻そう
 
再び青物狙いに変更し、ベイトがずっと寄っていたこともあり、ワカナたまにマルゴがコンスタントに釣れ続きました
 
この日は ぬの調子が良いようで、よく釣っていました
 
だけど殆どワカナサイズ、今日はこんなサイズの日なのでしょう
 
マルゴ
 
 
ふと見ると、シラスに紛れてトビウオも追われており、大物が出そうな予感
 
その時です!
ぬ がやらかしました!
 
竿がブチ曲がりかなりでかそう
 
そして・・・
 

 
 
でました~ ブリ90cm 7kg強!
 
ここでこんなサイズを目撃したのは10年間で初めてですわ(あくまで自分達がです)
 
やる時はやる男だね👍
 
おめでとう!
 
なんかですね、俺釣ってないんですけど、自分が釣ったかの如くとても嬉しかったですわ
 
記憶に残る一日となりました
 
ワカナしかいないと思ってたのに・・・こんなサイズもおるんだね~
 
この前もワカナの下にヒラマサがおったし、ワカナの下で餌を待ち構えいるんでしょうね
 
その後もワカナをポツポツと釣り、納竿としました
 
今回のキープはアカミズとブリの2匹
 
 
ブリはイランって言われたので貰いました 
 
今時期のブリは食べるのに正直勇気がいります
 
しかしこの個体はアタリで、脂は程よく乗っていて(腹身は脂が凄かったです)かなり美味しくて、貰ってよかったの?って感じでしたw
 
ぬーとりあ先生に感謝です
 
今回はヒラマサは少し残念でしたが、魚の反応もよく、とても楽しい釣行となりました(釣れなくても毎回楽しいです)
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 

シーバスを釣りに行ってみた

釣り具の整理をしていたら懐かしい物が出てきました
 

 
昔エイプとダイワがコラボした時に買った物です
 
今エイプの服を着ている人は中々見ませんが、裏原ブームの時は見ない時がなかったというくらい人気でした
 
自分も例に漏れず、裏原系ブランドで身を固めていたものです
 
当時自分はアンダーカバーというブランドが大好きで、全身アンダーカバーで固めていましたww
 
新作の発売日には、青山の本店に並んで整理券を貰ってまで買いにく程ハマってました
 
今となってはやり過ぎた感があり、少し恥ずかしい思い出です
 
ちなみに現在はオシャレには興味がなく、ユニクロと無印を愛用してますw
 
そんなエイプのミノーがでてきたものですので、シーバス釣りにでも行ってみっか!と思い立ちリバーへ出かけたはいいが、風速10mくらい吹いてました
 
 いつもの癒しスポットにて

 

 
爆風だったので結局エイプは使いませんでしたが、昔を思い出した夜でした

マゴチ

マゴチを釣りに行ってきました
 
例年ですと6月に入ってから行くことにしておりますので、今年は少し早いです
 
ぬ に家まで迎えに来てもらっての楽ちん釣行
 
今回は初めての場所でしたが、ここはポテンシャルが凄過ぎ
 
マゴチの溜まり場でした
 
 
最大で60cmくらいの極太○○○サイズもでました
 

 

 

 
 
過去にこんなに連発したことはないです
 
2人で10本は掛けたのではないでしょうか
 
こんなに魚が溜まる場所もあるんだと驚きましたね
 
一晩で今シーズン分のマゴチを釣った感じです
 
時間が経つのを忘れる程楽しくて、気づいたら深夜になってました(^_^;)
 
魚は全てリリースしています
 
 

隠岐11回目 

隠岐へ行ってきました
 
 
今回お世話になったのは久々に福友さん
 
波は北東の2m、2日目は少し落ちる予報でした
 
場所は船長にお任せし渡礁
 
ここはマルゴが良く、それにヒラマサが混じるらしい
 
過去20キロクラスも出てるとのことです
 
さて、どうなることか
 

 
朝一からマルゴはポツポツ釣れるがヒラマサがこないです
 
半島ではなかなかトップで釣れないのに、隠岐ではすぐ釣れるんだよな~
 
で、坊主逃れの恒例根魚チェック
 
ここは根魚が全く釣れない・・・
 
代わりに座布団ヒラメが釣れました
  
根魚タックルでは抜きあげられないサイズで、加えてジグヘッドを丸呑みしていたため、慎重にギャフのある所まで歩いていこうとした矢先、突然暴れて歯でラインが切れお帰りになられました・・チーン  
 
おれの座布団が・・・山田くん・・・
 
しかしすぐさまヒット!
 

 
小座布団60弱
 
ここはヒラメの宝庫でした
 
この後2枚追加(リリース)
 
夕方
 
相変わらずマルゴ(リリース)

 
この日初めてのジグでの釣果ということで嬉しくて記念撮影です
 
ジグ好きとしてはガツンとくる感覚がたまらんです
 
そして6時半の夕まずめ
 
瀬のブレイクでダイベングペンシルに真下からジャンプして突っ込んできた!
 
乗らず・・・
この日はこれで終了し、キャンプの準備
 
いい場所がありました
 
 
このバンドックの3000円の安いテントは3年目になります 意外と耐久性があり気に入ってます
 
夜は焼肉
 
どうでもいい話ですが、釣りの時は米はいつもインスタントで済ませていたのですが、不味いので今回から炊くことにしました
 
夜はメバルを狙うつもりでおりまして、タックルの準備もしておったのに、腰が痛くてやる気が起きず
 
一応コルセットも常に巻いておりましたが、だめだこりゃ
 

これから岩の上で寝なきゃいけないと考えると不安でしょうがない


 
しかし朝起きてみると、意外と大丈夫でした
 
硬い岩で逆に矯正されたのかも
 
朝4時半に起床、波が落ちてしまっている
 
一応ヒラスズキをチェックしてみたものの反応はなく、青物狙いに変更
 
朝5時半くらいにトップで激しく2発出たが、これも乗らず・・
 
かなりスローに引いてたんだけどな・・
 
この日はそれっきり 
 
ヒラメも全くあたってこない
 
日中ベイトはシラスで、たまにボイルしてたりもしましたが、クリアのペンシル投げたり、小さいジグ投げたり、ワーム投げたり色々やってはみたものの、反応なく納竿となりました
 
2日目は前日と海の様子が全く変わってしまって釣れる気が全然しませんでしたね
 
他の磯では良型ヒラマサが釣れていたようです
 
船長曰く、急激な水温低下で渋いとのこと
 
気遣って頂いて嬉しかったのですが、釣る人は釣りますからね
 
ポイント、タイミングも大事ですが、魚を引き出す腕もかなり重要です
 
ヒラマサは次回以降にお預けになりましたけれども、今回もそこそこ魚が遊んでくれて、楽しい釣行となりました
 
お土産も食べる分だけですが確保したしよかったよかった
 
やっぱ隠岐はいいね👍

 
 
 
 
 
 
 
 

沖磯 平政

ぬーとりあ先生とショアジギングへ行ってきました
 
最近腰が痛くていけません
 
岩の上を歩くだけで腰に電撃が走る
 
割とマジで隠岐へ行けないかもしれない
 
朝一トップ、ジグと試したが反応はなく、根魚狙いに変更してみる
 
小さいアカミズをゲットした後、再び探っていると、なんかが噛み付いてきた
 
のらなかったのでワンアクション入れたらガツっと追い食いしてきたのでゴリ巻き開始
 

良型アカミズかヒラメがきたと思ってやりとりしていたら、浮いてきてビックリ


 

 
クエが釣れた
 
なんだかんだして、ふと沖を見るとナブラが立っている
 
幸運なことにだんだん寄ってきいる!
 
そして我々の眼前に大雨が叩きつけるかの如く凄い状況となる
 
辺り一面ナブラだらけ 
 
磯をナブラが囲んでいる
 
こんな大規模なものに遭遇したのは久々
 
しかし正体はヤズ
 
投げるだけでゴンゴンあたるので物凄い数が湧いている模様
 
自分はミノー、ぬ はシンペンで掛けまくる
 
食わすのではなく掛ける ここがミソ
 
ベイトはシラス
 
ルアーを食ってはいない、ルアーにぶつかっている
 
引っ掛けて、引っ掛けて、とにかく引っ掛けて釣った
 
 
引っ掛け祭りを楽しんだ後、下の方にいるであろうでかい奴をジグでねらう
 
1投目はヤズだったが、2投目、ヒラマサがきた!

 
ヒラマサを釣ったのは実に去年の夏以来
 
本当に久しぶりに魚体を見ることができた
 
その後状況が一変 
 

潮が変わり、風が強くなり、強風の向かい風、うねりもすぐさま大きくなり、釣り場に駆け上がってくる状態


 


イルカの大群も出現し、早めの撤収となりました


 
あんな大規模なナブラに出会ったのは久々で、正体はヤズだったにしても、久々に興奮した
 
楽しかった~
 
 
ヤズを数本キープしたことに少し後悔しているのですが、せっかく持って帰ったので美味しくいただきます
 

メバル2日目

二夜連続のメバル釣行
 
今宵は ぬ と同行することに
 
ポイントは彼にお任せ
 
場所的にプラグの方が反応がいいような気がするし、いれば勝負が早いのでプラグから試す
 
フックのばされて折られた
 
ワームに変えて28cmくらいのは出たが、渋い とにかく渋い
 
この日は大潮だが潮が悪い ベイトもいない
 
歩きながら探るもチビすら釣れない
 
こんなに釣れないから地震でもあるんじゃないか?って言ってたら、帰ってきて気付いた ほんとに地震がきてた
 
全然きづかなかった
 
まぁ一応2人とも良型が釣れたのでよかったのではあるが、数が出ないので今回は不完全燃焼ですわ
 
 
 

久々に尺メバルを釣りに行ったのだが

仕事を終わらせて地磯へ向かったのが21時
 
山を下り、磯へ出ると三日月が闇夜を照らす
 
浣腸、いや失礼、干潮間際のため、急いでポイントへ向かう
 
かっこよく書きたかったのだが、いきなり本性がでてしまった
やめやめ
 
尺はいるかな?
 
反応なし
 
潮の重みがない
 
捕食タイミングに間に合わなかったかもしれない
 
止まる直前の潮が走る最後のタイミングを狙う
 
なんとか魚を見つけたい
 
焦る
 
魚はどこだ?
 
見つけた
 
ここは前方どシャローの張り出した岩が広がるエリア
 
その沖のブレイクラインに溜まっている
 
フルキャストしないと届かない
 
油断していたため、1発目はラインブレイク
 
リグを組むのに手こずってしまった 
 
時間がない
 
潮は止まってしまったか
 
まだチャンスはある
 
ドンッ  きた!
 
4連発の末、アタリは消えた
 
夜光虫の灯りで魚が捕食しているのがわかる
 
魚はどんどん沖へ向かった
 
タイムアップ
 
ブルーの群れを見つけられたのが幸いだった
 
なんとか魚をキャッチできた
 
マックス28
 
ブルーで尺は厳しい
 
今春も尺を獲りたい
 
通うしかないか
 

 
 
 
 
 
 

カレンダー(月別)

05 ≪2018/06≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Blog Link

ブロとも申請フォーム